会社にグループウェアを導入しよう【利用するメリットとは】

チャット

メールに代わる連絡ツール

メールに変わる新たな連絡ツールとしてチャットツールという連絡ツールが登場してきています。チャットツールは迷惑メールが届かない、ファイル容量が大きくても大丈夫、直感的に使えるといった特徴があります。いくつかの会社から登場しているので差を意識して選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

面接

次世代の面接形式

WEB面接はコスト面のみならず、社員同士の採用者の情報の共有や応募者の増加、そして面接までの提出書類の簡略化などのメリットが挙げられます。導入を決断する前の段階でもテストアカウントで問題を確認できるので検討する価値はあるでしょう。

詳しく見る

オフィス

社内手続きや事務を短縮

グループウェアとは社内手続きや事務を電子処理にて行い、社員が行う事務作業の効率化や時間短縮を図るものであり、様々な用途の機能を持っています。企業の特徴に合わせてカスタムすることもできる場合があるので、まず自社で電子化を進めるべきポイントを正確に把握しておくことが重要でしょう。

詳しく見る

チャット

手軽な情報交換用ツール

チャットツールはリアルタイムでメッセージのやり取りを行うのに適したツールです。メールのような1対1のコミュニケーションと異なり、同時に複数のメンバーが意見交換を行うことも可能です。手軽に使える無料サービスのほかに、ビジネスに役立つ機能が充実した有料サービスもあります。

詳しく見る

面接

人材採用費用の削減

WEB面接は学生の就職活動にかかる負担を軽減するだけでなく、企業にとっても採用コストの削減に役立ちます。また遠距離から優秀な人材を獲得できることや、じっくりと選考できることなどもWEB面接のメリットです。

詳しく見る

チーム力を最大化

女性

組織を強くする為に

仕事をしていく上でお互いのコミュニケーションは非常に重要です。常に顔を合わせている職場であっても、実のところそれぞれ自分の担当の仕事が忙しく、周知の予定や仕事内容、進捗状況などを把握するのは難しいものです。例えば上司であっても、報告を待っているだけでは部下の仕事状況を正確には理解出来ません。だからと言って、しょっちゅう確認を入れていくのも大変ですし、かえって仕事の効率を落とすことにもなりかねません。まして同僚となると、よりコミュニケーションは不足していきます。ここで言うコミュニケーションとは単に仲がいいという意味ではなく、お互いにそれぞれの仕事状況を把握、理解しあっているかどうか、という事なのです。これでは一緒の職場にいても、実質的にはバラバラに仕事しているのと変わりありません。お互いに仕事を補い合ってこそチーム力が発揮されるのですが、相手がどのような仕事をしているのか把握出来なければ、補い合うことなど出来ません。このような問題を解決するのが、グループウェアです。グループウェアを用いれば、周囲のメンバーがどんな仕事をしているのかを把握することが可能になります。スケジュールを見ることも可能ですし、仕事の進捗率を確認することも可能です。このような基本的な情報の共有をグループウェアで行うことにより、上司も同僚もメンバーの仕事状況の理解が深まり、進捗の悪い部分に関して的確な処置が出来るようになるのです。グループウェアは同僚にも情報を公開することが出来るため、今までは上司を介してのスポーク型の情報伝達だったものが、多重双方向型の情報共有が出来て、仕事の配分変更もスムーズに行う事が出来るようになります。

Copyright© 2017 会社にグループウェアを導入しよう【利用するメリットとは】 All Rights Reserved.